スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
春休み突入
2007 / 03 / 27 ( Tue )
・・・してから何日経つんやとつっこまれそうですが(^-^;)。
幼稚園のお友達と遊ぶ約束やらなんやらでこれまた忙しいふくまる一家でございます。

そんな中、昨日ふくまるのお散歩を子供達と久しぶりに行ってきました♪


070326_100359.jpg


アニキにリードを持ってもらってます。

ち・ちょっと!! もうちとゆっくり走ってよー。



070326_100644.jpg


公園のお外でしこたま用を済ませて入ってるのに、まだ熱心にマーキングするふくまる。(しつこい。。。)


070326_100609.jpg


みんなでお散歩はやっぱり楽しいね♪

と思ってるかどうかは定かではありませんが、やはりうれしそうな表情を見せてくれます♪
しばらくアニキが石投げをして(といっても普通サイズのリードなので、そう遠くへは投げてないけど)ふくまると遊んでおりました。
朝も早よから散歩に連れて行ってくれるふくまる父には悪いのだけど、用を足すだけのお散歩だけではやはり彼も退屈しちゃうんでしょうね。
とっても満足した様子でした(^-^)v。
ところで、4月5日にアニキがとうとう歯を抜く手術で入院いたします。
2泊3日ですが、短い春休みの間に彼もいろいろとやりたいことがあるようで、ふくまるとのお散歩もそうそう行けなさそう。
ふくまる~、チビと豆とで連れてったげるからなーーーーあ。辛抱やで~。

そのアニキの手術ですが、先日入院前の検査を済ませてきました。
これまで子供には極力うそをつかない育児をすすめてきたワタクシ。
注射も「痛いけど、注射で病気が治るから辛抱しようなー。その代わりがんばったんやから、帰りに好きなものひとつ買って帰ろうな。」と言っていて、アニキもチビも注射など痛い治療もすんなり受けさせてくれておりました。
が!! 採血で一度失敗したらしく「痛いーーーーー!!」と。
確かに痛いのでしょうが・・・大丈夫かね? アニキくん。

口腔外科の部長の先生がしてくれるのですが、この先生、まるで八百屋さん!?って感じの歯切れのよいテキパキ・サバサバした先生です。
でもちゃんと患者への説明も適切にしてくれる。
はじめて一人で入院させるのだけど、少し安心です。
ちなみにアニキがレントゲン室へ入ったとき待合室まで「触るな!!(だっけ?)」という怒号が聞こえてきて、アニキに「なんか怒られたん?」と聞くと「うんにゃ、看護婦さんが怒られてた」と。
とっても声の大きなバイタリティあふれるドクターであります~。

アニキの手術は上顎に生えた過剰歯を抜くものですが、個人病院では一本しか確認されてなかったのだけど、こちらの大きな病院で検査したらまだ生えてきてない過剰歯がもう一本あるとのこと。
表面に生えてるのだけならば普通の麻酔でよかったそうなのだけど「二本あるし、やっぱあの恐怖心に耐えるのはかわいそうやから(&怖くて暴れたら先生も困るし~(^-^;))ということで全身麻酔にするそうです。

先生に「あの~う、付き添いは・・・」と聞いたところ「ハイ? おかーさん、病院に泊まって何すんの????」と(苦笑)。
いや、まだ小学1年生で夜中さみしくなかろうかと思っての親心だったんですが「看護婦さんもおるんやし、なーんもさびしくはないやろう。」と言われて、ああ、そっか。親はまだ7歳と思ってても、世間ではもう7歳なんだ、と実感させられちゃいました。
ちなみにアニキも「病院にお泊りしたら退屈やし、DS・・・・あかんか(笑)」と言っておりました。ハイ、あかんです。

7歳はもう小さい子供ではないんですねー、反省。
というわけで、アニキよ。がんばれ(^-^)b!!

ただでさえ短い春休み・手術でさらに自由な時間が減ってしまうけど、7歳の春を満喫しておくれー♪
そして、この日を心待ちにしていたふくまるとの時間も作ってあげてなー。



スポンサーサイト
23 : 47 : 35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<アニキの入院 | ホーム | 写真は横から撮ってねー♪>>
コメント
--いいねぇ~--

うちなんて、昨日今日と旦那がインフルエンザで死んでますわ~うつされたらかなわないので、隔離してます!

その間、チコと慶汰の3人家族を味わっているのですが・・
どことなく、居心地がよい!
いや・・旦那がいる状態での、3人って・・なんで私ばっかり用事をするねん!と怒りがこみ上げてくるのですが・・いないと思っての3人だと、世話するのが苦痛じゃない~

不思議なもんっすよね~

アニキは手術なのね~
おねいさんのDS貸してあげようかぁ~?1泊だけだけど・・

そうなんですよね~慶汰のときも、付き添いは原則6歳までって書いてましたよ。
まぁ・・母さん、あのせまいベッドで暑苦しい病室にいることを思えば。。。大丈夫ですよ~
明らかに、子供ベッドのほうが大きいっすからね・・慶汰のベッドと交換してやろうかと本気で何回も思っちゃいましたよ!

アニキがんばってねぇ~お大事に~
by: JUNKO * 2007/03/28 11:16 * URL [ 編集] | page top↑
--ずんこさんへ--

それがね~、ふくまる父がやらせてあげないのよ(^-^;)。
小さい頃からゲームしてたら、目が悪くなるからって。(本人、片方だけ視力悪いからすんごくナーバス)
ゲームボーイとかもいとこからもらったこともあったんだけどね~、封印ざます(笑)。

改装してホテルのようにきれいになった病院。(労災病院ね)
アニキには「いいねー、プチ旅行じゃーん♪」と言い含めております。
単純な彼・・・手放しでよろこんでおります(←バカ?)

パパさん、大変やねー、お大事に。
仕事を抱えてなかなか休めないパパたち。
たまに「仕事かわったろか?」って思っちゃうよねー。
by: ふくまる母 * 2007/03/29 12:22 * URL [ 編集] | page top↑
--がんばれ~--

アニキは1人で入院しないとアカンのですね。いくつになっても子どもは子どもですよ。7歳と言っても親としては心配です。まあ、親が一緒でない方が頑張れるかもしれませんね。親が付いてると甘えてしまうし。
うちの娘の時も手術の前夜はなかなか帰り辛かったですよ。怖くて寝れないの分かってましたからね。ふくまる母さんも心配でしょう?
こういう時でも気丈に母親しなければいけないのは酷ですが、一方ではまた幸いでもあります。忙しくしとかないと、余計な事を考えてしまいますもんね。
先天性の病気の場合(アニキのは病気なのかな?)、母親は「何でちゃんと産んでやれなかったんだろ」と悔やみ、自分を責めたりしてしまいますよね。それは違うんだよと言われても、辛そうな我が子の顔を見るとどうしても「ごめんね、ごめんね」と心の中で何度も謝ってしまいます。当然です。でもある程度自分を責めたら、もう前向きに行くしかないです。
ふくまる母さんの持ち前の明るさで、乗り切って下さい! 退院してきたらアニキは以前よりももっと優しい子になってますよ。
by: りきまる母 * 2007/03/29 15:05 * URL [ 編集] | page top↑
--りきまる母さんへ--

アニキのは「親知らず」が上顎に生えたというレベルのものらしいです(^-^;)。
たいそうな病気ではないのですが、全身麻酔&入院というとやっぱり母はビビってしまうのであります~。

お友達の子はただの虫歯でもあまりに数が多すぎて治療に暴れるからと全身麻酔で治療したり、舌に腫瘍ができて全身麻酔で手術したりと周囲にもけっこう経験者はいるので、安全性はわかってるんですが、父いわく「怖がり・痛がり・邪魔くさがり(←これは余分じゃー)」の母ゆえ(^-^;)。

りきまる母さん、お気遣いありがとう♪
幸い今回のアニキのはその程度のものですが、お付き合いの広い母さんもそうだと思うのですが、ふくまる父もいろんな方を知っています。
小さい頃はなんともなくても、大人になってから難病にかかられた方などもおられて、奥様は仕事も早期退職されてお世話されているそうです。
大変ですよね、もう直る見込みどころか悪くなっていく一方ですもの。
この先、元気だけがとりえのわが子たちと言えど、どんな先天性の病気を発症するかは誰にもわかりません。
もしもこの先、何か起こったとき、こういうりきまる母さんの言葉をふと思い出したらきっとその方のようにがんばれると思います(^-^)。
その方の話を父に聞いてるととても前向きな方のようです。
おそらく、りきまる母さんのようないい先輩や友達にいっぱいエネルギーをもらってるんじゃないでしょうか。

先生は手術の説明の際「まったく危険性はありませんから!!」と念をおしたうえに説明書にもしっかり書かれておりました(汗)。
ワタシも4本親知らずを抜いたんですもん、アニキにもがんばってもらいましょ♪
(といいつつ、ワタシの親知らず・・・2本は抜歯後、3ヶ月以上仕事にならんくらいの激痛でありましたが~~~~あ。きっとあそこへたくそやったんやー(涙))
by: ふくまる母 * 2007/03/30 06:48 * URL [ 編集] | page top↑
--おぉ~--

労災病院なんだ~
あそこ綺麗になりましたよね!!

私の結婚式で着付けをしてくれた、親戚のおばさん。末期ガンのまま、何年も生きたつわものだったのですが・・
「JUNKOちゃんの結婚式までは死ねん!」と、それこそ気合で生きてらしたのですが・・
結婚後の私の幸せそうな顔を見て、安堵したのか・・・1年くらいで亡くなりましたけど・・そのおばさんが入院していたので、よく行きましたよ~まだ、汚い頃ですけどね・・
不幸そうな顔していたほうがよかったのか・・と思ったのを思い出しましたわ~
まぁ、心の残りなく逝かれたほうがいいのでしょうね~
うちも、慶汰にはゲームはねぇ~とはいえ、親(特に私)がゲーム好きゆえ・・渡さないわけにはいかないような・・いや、毎夜夜景でも見て目を鍛えてもうらおうかしらねぇ~
山の緑もあるし・・・

絶対大丈夫!慶汰のときも言われたけど・・不安はつきないものですよね~とはいえ、アニキがんばるんだよ~
by: JUNKO * 2007/03/30 13:20 * URL [ 編集] | page top↑
--がんばれ--

お兄ちゃん、手術なのですね。
ふくまる母さんも不安だと思いますが、元気出して下さいね。
私の初めての入院は一昨年の水疱瘡でした。
お兄ちゃん、まだ7才なのに1人で入院。
手術は辛いけど、良い経験になって逞しくなってくれるんじゃないかと思います。
あっ、生意気でスミマセン~(汗)
ただただ、アニキちゃんを応援しております!

by: しっぽ * 2007/04/02 22:03 * URL [ 編集] | page top↑
--ずんこさんへ--

あそこの産科で生んだ改装前と改装後のママさんたち・・・・あまりにも違うのに悲喜こもごもだって(^-^;)。
前はお化けでそうだったもんねー。

おばさま、がんばられたのね~。
うちも小さい頃裏手に住んでた伯母さん体調が悪いのに九州からかけつけてくれたわー。
きっと自分が年いったら「体えらいねーん」と言っていけないだろうなあ。昭和初期の人間はえらい!!

ゲーム・・・ふくまる父もやってたのよー。
「やんちゃ」なことでもそうだけど、経験者ほど「やるな」と規制したがるもんっす。
それか、一緒になってやるか・・・よね♪
by: ふくまる母 * 2007/04/04 07:16 * URL [ 編集] | page top↑
--しっぽさんへ--

はーい♪ がんばりまーす!!
あまりにふくまる父が横で呪文のように「全身麻酔大丈夫か?大丈夫なんか?」と言うもんやからこっちまで移っちゃう(苦笑)。

大人になってからの水疱瘡ってつらかったんじゃないのかな?
よくがんばったねー(ナデナデ)。

一人で入院はさみしいとうよりも「親の目から逃れる絶好のチャンス」と思ってるようなので、心配してもしゃーないですわね(^-^;)。
成長して帰ってきてくれたらいいんだけどね(くすくす)。
応援ありがとー♪
by: ふくまる母 * 2007/04/04 07:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukumaru11.blog59.fc2.com/tb.php/41-c5af7c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。