スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
あたたかく見守ってくれてありがとう
2007 / 07 / 27 ( Fri )
2007年7月26日 ふくまるは虹の橋を渡りました。




20070727030648.jpg





みなさんのあたたかい気持ちにつつまれて逝ってしまいました。


おそらく朝2時くらいだったのではないでしょうか。


最期まで飼い主の手をわずらわせることなく、親孝行な子でした。



覚悟はしていたものの、最期までがんばったふくまるを思うといじらしくて、彼のいないことが寂しくてたまりません。


応援してくださったみなさまにお返事もままならず、このような日記をUPすることになったこと、お許しくださいね。


ふくまるのことをお話するのにまだもう少し時間がかかりそうです。
心の整理がつくまで待っててくださいね。
ゆっくりふくまるをねぎらってあげたいと思います。


ふくまるとのお別れは土曜日の朝に決めました。
最後のおさんぽを終えたらまたおうちへ帰ってきてもらうことにしました。


あの子をどこへもやりたくないんです。


これまでふくまると仲良くしてくださった皆様、今まで本当にありがとうございました。
ふくまる父とともに心から感謝申し上げます。
スポンサーサイト
01 : 40 : 55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(24) | page top↑
2007 / 07 / 25 ( Wed )
一体何から書けばよいのか・・・・

ここ数日は特に気持ちの落ち着くときがありません。

先週の土曜日、ふくまるの点滴に病院へ行ってきましたが家での様子などを話し、点滴をしてもらっている間、先生とお話しているとカルテをじっと見ていた先生はこうおっしゃいました。


「もうおうちでゆっくり過ごさせてあげてください」


その瞬間、病院にも関わらず涙があふれて人の目も気にせずただただふくまるを抱きしめて泣いてしまいました。

先生に以前「人間の都合でムリな延命をするのは私たちの勝手な思い込みでしょうか」と聞いたことはあったけど、先生は「目をあわせてしっぽをふっているうちは考えなくていいことです」とおっしゃってくれてました。
だから、まだ自分の足であるいていたふくまるの治療に無責任にさじを投げたわけではないと思います。

それを思うと「本当にもうダメなの?」という思いがこみあげて胸が詰まる思いでした。

ふくまる父には開業をしていない獣医の先生の知り合いが数人いてて、ふくまるが病院にかかり始めた頃に相談したことがありますが、どの先生も「小腸を切ってそれから胃も切って・・・それは危険すぎるし、本人も以前の手術とは比べ物にならんくらい苦しいやろう」と言われたようです。
かかりつけの先生も「腫瘍とは考えにくいんです。難治性の胃腸炎とふんでます」とおっしゃっていたし、おなかを開いてもいいものかどうか悩んでおりました。
ただ体力を奪うだけの手術になるのであれば、もう二度と前回みたいな無茶な開腹はできない。。。


続きを読む
10 : 06 : 46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
思い出し日記
2007 / 07 / 20 ( Fri )
えーっと(笑)、毎度のことながらその日のうちに日記をUPできないワタクシでございます~。

この一週間もなんだかんだとびっしり詰まっておりましたが、今日のチビのお友達で初めて家に遊びに来るという予定が済んだので気持ち的に一段落というとこでしょうか。
(遊びに来てくれたお友達もママもとってもいい感じで楽しかった♪)
ふくまるがこんな状態なので、ゆっくり寝かせてあげられないし、お友達も気を使うだろうと二階にあがってもらったのだけど、半年前からトイ・プードルを飼い始めたというそちらのおうち。
ママさん「あ、具合悪いの? ちょっとお顔見せてもらってもいいかなあ?」と嫌な顔もせずにふくまるのところへ行ってくれておりました。


そして昨日のお客様はいつもお世話になっているチコちゃんの飼い主「JUNKOさん」でした。

ふくまるの具合が悪いのを気にかけてくれて「スープならどうかと思って」と3種類のスープを持ってきてくれました。

・おいしいおうどんのおだしと野菜のスープ
・豚ミンチのコンソメ風
・じゃがいものスープ

以上の3種類を手作りしてくれたそうです。
私も味見をさせてもらったのだけど、それはもうおいしいスープだったんですが・・・・ふくまるは飲むことができませんでした。
せっかく作ってくれたのにごめんね。
(小分けにして冷凍しちゃったので、画像がなくて申し訳ない。。。)

ふくまるは自分で胃を休めているかのようにほとんど水しか口にしませんが、それでも自分で立ってシートのところへ行き用を足しております。
いつか自分からペロペロとなめてくれることを信じて、大事に少しずつ使わせていただこうと思います。


JUNKOさんと一緒に豆三朗とほとんど同時期に生まれた慶汰くんも遊びにきてくれたおかげで、ふくまるの病気のことも一時忘れることができて穏やかな楽しい時間を過ごすことができました。

20070720215333.jpg


向かって左がうちの豆三朗・そして右が慶汰くんです♪

わんこと違って(?)男の子同士なのにとっても仲良く遊んでおりました♪
豆はやたらとお菓子をすすめておりましたが、慶汰くんおなかこわさなかったかなあ?
「あんまんまん(アンパンマン)」と一生懸命話してくれる慶汰くん、かわいかったなー♪
これくらいの年頃だとおもちゃの取り合いとかで一緒に遊ぶのは難しいと言われるけど、二人とも仲良く遊んだりおやつを食べたり、とても気持ちが癒されました(^-^)。
続きを読む
22 : 21 : 56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
少しだけ
2007 / 07 / 13 ( Fri )
こないだからほとんど食べ物を口にできなかったのですが、昨日はビスケットを3枚食べることができました(^-^)。

昨日、病院で先生に「ビスケットなら少しは食べられるようなんですが」と話したところ「いいですねー、ビスケット!! 食べられるだけ食べさせてあげてください。人間の子供がおなかをこわしたときと同じようなものはいいですから。」と。

「ポカリスエットも人間用のでいいんです。だって、点滴だって人間用のを使ってるんですもん。ただねぎ類だけはダメなんですけど。」とおっしゃってました。


ポカリは全く飲んでくれないのだけど、ビスケットを食べてくれてちょっとだけ安心しました。


実はおとつい、りきまる母さんからこんな心のこもったものを頂いたんです♪


070713_064718.jpg



わざわざりきまるくんとお二人で和泉市にある春日神社へふくまるのために行ってきて下さったんだそうです。
そしてお守りまでいただいてきてくださったんです。
このお守りはふくまるのゲージのところにかけてあげてます。
そのご利益でしょうか?ふくまるの食欲も少し(かなり偏食&小食ですが)出てきました。


DSC02683.jpg


よかったね、ふくまる♪
りきまるくんもお母さんにお供してくれてありがとう。


続きを読む
08 : 06 : 01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
食べてくれない。。。
2007 / 07 / 10 ( Tue )
相変わらずのふくまるです。
お薬だけはなんとか飲ませているけど、ごはんも(先生が胃壁も随分元に戻ってるからおじやとかを食べさせてみてとおっしゃっていたので)作ってはみるものの、顔を背けて食べてくれない。

流動食がわりにアイスや卵黄を、と当初おっしゃってたのでそれも続けてはいるものの、それもほんのちょっぴり舐めるだけ。
ふくまる~、そんなに絶食ばかりしてたら死んじゃうよ。


かといって、ほんのすこしならビスケットなどは口にはするし、お客さんが来ると一応「わん」と鳴きます。
もうかれこれ2週間以上ごはんらしきものも食べてないというのに、生きててくれているのが不思議なくらいです。

「胃壁の肥大が炎症でも起こる」と先生が(後で)おっしゃってたのを思い起こせば、犬は自ら炎症を止めるために絶食という手段をとっていたのかもと思い、注射器などで無理やりごはんを流し込むのもためらってしまう。
まだ、完全ではないから食べようとしないのかな。

これまで居間にはハウスを置いていなかったのだけど、具合も悪いし、せめて家族の近くにおいてあげようということでこないだから私たちのそばにおいているのだけど、こどもたちがおやつを持って近づくと「くれるの?」という目をして起き上がったりはするところを見ると、全く食べられないというわけではないような気もするのだけど。。。
(実際はあげてはいないけど)


ふくまる~。。。どんな経過をたどってもいいからいつかちゃんと元気になってな。


fukumaru4.jpg


22 : 20 : 41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ふくまる頑張ってますよ
2007 / 07 / 08 ( Sun )
今日、次の病院への紹介状をもらいに行くために今かかっている病院へ行ってきました。

前回病院へ行ってから、ふくまる父とも何度も話し合いをして「小腸もほとんど切ってしまってるし、そんな状態で胃を取って小腸と直結させても本人も後が苦しいのではないか」という話もでて、知人の話などからも無謀すぎるのではないかという考えになっていたふくまる家。
このまま介護という形をとって、自然に逝かせてあげるのが本人のためではないかと。。。

なので、紹介状をもらいに行くというよりもこれからのお世話についてを話しに行ったというほうが正しいのですが。。。


いろいろ家族でもあーでもない・こーでもないと考えていたのと同時に先生のほうも最初にお話があったのと少し変更点がありました。

まず、ふくまる自身を診察した先生。
今回もエコーをかけました。

触診で前回よりも硬さがなくなっていたようでエコーで見てみても胃壁の厚みはだいぶ元にもどっていたそうです。

そして「胃のセンイ化」という表現も前回は原因も治療法もわからないとだけ伺っていたのですが、もう少し踏み込んだ説明もしてくれました。
今日はチビが幼稚園のお泊り保育で送っていったり、ふくまるのお世話でバタバタしていたので、頭のほうがすっきりせず私自身よく理解できてないのですが、「原因のわからないセンイ化」ではなく、こういうことでもなるんですよということを話されてました。

その上で、転院先の先生から今すぐ手術や転院という前にある程度今の病院で調べてみてくださいと言われたようです。

先生が書いてくれたメモには(おそらくいろいろと調べてくれたんでしょうね)、このようにありました。

『胃壁の肥厚』・・・原因は炎症性のものと腫瘍・異物の混入。
このうち腫瘍と異物に関しては原因はずばりそのもの。
そのうち炎症性のものには炎症性腸症(タンパク漏出性胃腸炎)と肥厚性胃炎があり、前者は下痢の原因にもなる病気らしいのですが、先生曰く本来腸と胃の症状は切り離して考えるべきということで、まず後者のほうを薬を投与していき効果があるかどうかを調べていこうということになりました。
(私自身がよく理解できてないので、先生のメモを元に書かせていただきました)


前回診察してもらったときには、原因も治療法もわからないということでそれならもう切り取るしかないと切羽詰った状況でしたが、少し明るい光が見えてきました。
続きを読む
00 : 07 : 51 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
やっと原因がわかりました
2007 / 07 / 05 ( Thu )
ふくまるの食べられない原因がわかりました。

昨日の朝、起きてみるとふくまるの眼球が真っ白に「目ヤニ」で覆われていてびっくり。
眼球を傷つけないようにそーっとふき取ってあげたものの、ここ2・3日はまったくゴハンにも口をつけておらず(それまでもとても少ない量しかたべてくれておりませんでした)、そろそろ点滴もしないともたないということもあって昨日の朝病院へ行ってきたのです。

前回病院で診てもらった以降の経過を先生に話し、先生に診察をしてもらって・・・。
先生のお顔が厳しいものになりました。
「よし!! エコーかけるよ」
「飼い主さんも一緒にどうぞ」

エコー前にバリカンで毛を刈っているときも、こわがりのふくまるを落ち着かせようと「わー、ふくちゃんええなー♪ 散髪してもらったら涼しくなるなあ」と話かけていたのですが、どんどん目が不安そうになっていくのを見るとなんとも不憫な思いでいっぱいになりました。

エコーの結果・・・ふくまるの今回の不調の原因は「胃」でした。
普通、胃の壁というのは1cm弱くらいの厚みなのだそうです。
それがふくまるは2~ところによっては3cmもあるのだとか。

「前回、(皮膚の)上から触って診察したときには感じなかったのだけど、今日触ってみたら小さな硬いものを感じた」という先生。
それがふくまるの胃だったのです。

厚みを帯びて硬くなってしまっているふくまるの胃は通過する空間も少なくなって、そしてもうほとんど動いてないのだそうです。
だからチーズにくるんだ薬でさえ、ひっかかって通過できずに吐いてしまっていたんですね。

ここで考えられるのは「腫瘍」と「胃のセンイ化」ということでした。
ただ、腫瘍ならできた部分のみが分厚く映るので、他のところは1cmくらいの壁のままなのだそう。
そして先生は「胃と腸は隣り合っていますが、いくら前回のガンがいろいろ転移していたとはいえ、いきなり胃に飛ぶことはまず考えにくいんですね。それならリンパを介してもっと近くの組織に腫瘍ができると考えられます。」と。

疑わしきは「センイ化」なのだそうです。
胃は筋肉でできていて動くものだけど、それが何らかの原因でセンイ化というのを起こし、厚みを増してどんどん硬くなり動きをやめてしまうということらしいです。
原因も解決策も未だに見つかってないんだそうです。

続きを読む
10 : 29 : 58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。